お昼寝の間に・・・。~言ノ葉保育園~

2021/06/10 ブログ

みんながお昼寝をする前に、ある実験を行いました!

「このお花の名前、何ていう名前か知ってる?」と聞くと、

「ガーベラ!」と、元気よく答えてくれていたお友だちもいましたが、

「かすみそうっていうお名前なんだよ」と伝えると、不思議そうな顔。それでも、保育者と繰り返し名前を言って、覚えました!

何をするんだろう?と、真ん丸な瞳で見つめてくれるゆり、れんげ組のお友だちでしたが。。。

「この真っ白なかすみそう、みんなが寝ている時に、どんな色になるか、実験しようかなーと思って!」と伝えると、

「いいねー!」と、じーっとペットボトルにインクを入れる姿を見ていた、ゆり・れんげ組さんでした。

それでは、みんなは、お昼寝の時間。起きたら、どうなっているかを楽しみにみんな寝ました。

起きてくると・・・。

ピンク・黄色・青と、きれいな色に染まったかすみ草!

 

「何色のインクを入れたんだっけ?」と聞くと、

「赤と、オレンジと、青!」と、答えてくれました。

「お花は、何色になってる?」と尋ねると、

「ピンクと、黄色と水色!」

 

「さて、どうして、お花の色が変わったんだろう?」と、保育者が聞くと、

「みんなの寝ているパワーで、実験成功!」というかわいい声も聞かれました。

5歳児の男の子は、

「お水をお花が下から吸っていくから、お花の色が変わったんだよ!」と、教えてくれました。

「そうだね。花瓶にお水を入れるのは、お花がこの茎からお水を吸って、お花が元気になっていく。それが、よくわかるよねー。」と、植物の不思議も感じられたひと時となりました。

そして、3時のおやつでは、綺麗な色とりどりのかすみ草と一緒に、おやつを食べました。

 

言ノ葉保育園、かすみ草の実験、大成功でした(^^♪