言ノ葉保育園 卒園式

2021/03/16 ブログ

3月13日(土) 言ノ葉保育園

卒園式を挙行しました。

 

前日までの雨が嘘みたいに、穏やかな春の陽射しの中で、

行うことが出来ました。

園長から、一人ひとりに卒園証書が手渡されました。

この証書の中には、子ども達が園生活の中で培った力や、毎日保護者の方が送り迎えをしてくださったこと、子ども達、そしてお家の方、私たち保育園の職員、みんなの思い出が詰まっている証であるということを教えてもらいました。

一番長いお友だちは、6年間保育をさせて頂きました。

腕の中にすっぽりとおさまる、本当に小さかったあの頃から、一つ一つ、大切に保護者の方やこれまで担任をしてくださった先生方の暖かい眼差しや励ましの中で、育ってきたお友だち。

言ノ葉保育園で過ごした中で、みんなで大切にしてきたことは、『お友だちの話を聞く、思いを感じる、そして、自分の思いを伝えられること』

一緒に過ごした日々の中で、今、一人ひとりの軸になっている大切な姿だなと、実感しています。

そして、今年、卒園児が選んだお別れの歌は

「ありがとう こころをこめて」でした。

色々な歌を聞き、歌った中で、みんなで決めたこの歌。

一人ひとりの思いが聞いている人全てに伝わる、あったかい歌でした。

今年度の卒園児は、8名です。

みんなと出会えたことは、先生達の宝物です。同じ時間を過ごし、みんなが見せてくれた日々の成長、笑顔、喜び、そして、時に悔しかった出来事、悲しいことも、それも全てが大事な思い出となっています。

素敵な人となり、歩んでいくことを願い、私たちは、ここからいつでも応援しています。